« 30年前の… | トップページ | おみちゃんは本気で歌舞伎町が大好きなんだな〜。 »

2014年1月17日 (金)

ち、ち、ち、ち、ち、ち、ち、ち、ちこたん???

">

将棋とは本来相手の息遣いが聴こえるほどの厳かな静寂の中で行われるものなはずなのに、
このシャカシャカでスカスカなチャラチャラとした安易なBGMは何だ???
棋士としてもミュージシャンとしても、僕的には二重の意味でありえないと思うわ!!!
ってか、こんなガチャガチャしてたら、対局中音が気になってエアコンを止めたり外の人工の滝を止めたという伝説を持ってる加藤一二三九段に怒られるぞ???
昨今では音楽や将棋も含めありとあらゆるモノがこうやってわかり易過ぎるチープなエンターテイメント性にすり寄っていってる気がするけど、
たぶんそれが物事の本質をわかりづらくしてるんじゃないのかな?
確かに興味を持つ人を増やすことは大事だし裾野も広がるかもしれないけど、
半端な興味でもって深く掘り下ようとすることもせず飽きたらすぐまた別のわかり易いものに流れて行くという人間が生まれてしまうといった側面も否定出来ない訳で、社会的観点から見るとそういった人間が増えていくというのはかなり心配な気も…。
ましてこれだけ技術が進歩し情報が溢れた昨今では皆挙って『楽しいよアピール』競争をしてますからね。
ってか、楽しいことって誰かに与えてもらうものではなく基本自分で見つけるものっしょ?そして自分で見つけるからこそ愛着が湧いて飽くなき情熱を注げるものなんじゃないのかな?
今よりもずっと不便だからこそ皆が等しく情報弱者だった頃の方がよっぽど幅の広さや懐の深さやを感じるような気がするのはきっとそういうことなんだろうな。
んっ?
これってもしかするとアレっすか?
要は『最近の若いモンは…』的な愚痴???
僕も本気でそういう年齢になってきたんだな…。
それにしても!
あ〜、も、も、も、も、も、も、も、も、ももたん!
僕、この子にけちょんけちょんに負けたい…。

|

« 30年前の… | トップページ | おみちゃんは本気で歌舞伎町が大好きなんだな〜。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 30年前の… | トップページ | おみちゃんは本気で歌舞伎町が大好きなんだな〜。 »