« お知らせ。 | トップページ | 朗報。 »

2014年8月17日 (日)

屈辱の三連敗…

昨日の同窓会後、昨年末に対局して勝利したヤツから案の定リベンジの申し出がありまして、

二人で居残りで将棋大会!(僕もやる気満々だったからポータブル将棋持参してるし!)
何でもあれから詰将棋を必死で解いてるし、毎週日曜子供とN◯Kの将棋番組を見て研究してるし、何より子供をプロ棋士に習わせ始めたって言うから、
こりゃあ最初から本気モードでやらないとマズいということで、先手を持って必殺振り飛車!
そしたらあれよあれよと言う間に結構簡単に飛車先を突破出来てちょっと拍子抜けしまして…。
だもんで鮮やかに寄せ切って格の違いを見せつけてやろうとついつい色気が出ちゃって、
劣勢で前に出るしかないあちらの無理攻めを手抜きしたりしてたら(飛車取りとかまで。)、
いつの間にか向こうの方が一歩早いという状況になっちゃいまして…。
だもんでやや細いながらこちらも一番早い詰めろを掛けて勝負に出ましたが、
冷静に対処されてジ・エンド…。
あ〜あ〜あ…。
こういう自滅による逆転負けが一番悔しいんだよな…。
でも明らかに棋力は僕の方が少し上だと確信したので、
油断と大きなミスさえしなきゃ負けないという姿勢で第二局へ!
そしたら先ほど程序盤の開きはなかったものの、また似たような展開で詰まされるという…。
ん???
何だ???
そんなに強いと思わない相手に二度負けるということは戦法の相性が悪いのか?
ってことで第三局は久しぶりの居飛車で変化なしの真っ向勝負!
これなら棋力の差がそのまま出て勝てるだろうと思ってたら、
今度は序盤から劣勢に立たされて、そのまま大した反撃も出来ないまま完敗…。
慣れない居飛車だからか、三局目に入って集中力がやや欠けたのか、
ともかく屈辱の三敗目です。。。
だもんで、この時点で私ようやく色々反省しまして、
まず第一局の途中から相手を少し舐めてしまったこと、
明らかに粘り強い棋風の相手にも関わらず最後まで集中して戦えてなかった事、
そしてロ◯テリアで将棋を指しているという状況でも相手は集中してるのにこちらはやや気が散ってしまっていたこと(丁度トイレ&従業員室付近の通路だったので人が通る度組んでた足を引いたり下ろしたりせざるをえなく…)、
そして一番のポイントは相手の長考に対して少し気持ちがイライラして、心の平静を保てなっかこと!
これらを踏まえて&最初に良かった振り飛車に戻して第四局を指したら、
中盤の捻り合いまでしっかり我慢が出来た上、自分から仕掛けて(歩の突く順序までしっかり見えてた!)ペースを握り、相手の粘りに対しても最後まで手を緩めることなくしっかり寄せ切るという完勝!!!
何で最初からこの姿勢で臨まなかったんだ!という悔いは残りますが、
まぁ、将棋は相手のあることですからね。
この経験を次回のリベンジに向けて役立てたいと思います。
でも、こういう拮抗した勝負が出来る相手がいることが本当に楽しい!
お互い切磋琢磨しながらどんどん強くなっていきたいね!
エイちゃん!
お疲れ様でした〜!

|

« お知らせ。 | トップページ | 朗報。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お知らせ。 | トップページ | 朗報。 »