« 2015年ライブコンプリート! | トップページ | 今年の漢字 »

2015年12月25日 (金)

2015下半期読書感想文

スリーピング・ドール 下 (ジェフリー・ディーバー=著/池田真紀子=訳)

ウォッチメイカー 上・下 (ジェフリー・ディーバー=著/池田真紀子=訳)

閃光 (キャサリン・コールター=著/林啓恵=訳)

アメリカの反知性主義(リチャード・ホーフスタッター=著/田村哲夫=訳)

采配 (落合博満=著)

八十路から眺めれば (マルコム・カウリー=著/小笠原豊樹=訳)

美しい標的 (リンダ・ハワード=著/岡聖子=訳)

裏切りの刃 (リンダ・ハワード=著/仁嶋いずる=訳)

助手席のチェット (スペンサー・クイン=著/古草秀子=訳)

負け犬のブルース (ポーラ・ゴズリング=著/秋津知子=訳)

僕を忘れたスパイ 上 (キース・トムソン=著/熊谷千寿=訳)

何でも『反知性主義』という言葉は今年日本でも話題になったみたいですね。

ってか、ここ最近の日本も非道いけど、何だか世界中がバカになってきてる?

">

まぁ、それを恥と為す風潮ならまだ救いもあると思うけど、特に何とも思わず思考停止のまま何の努力もしないなら大問題じゃない?

しかもそういう人達が選挙権を行使してそういう人達の中から政治家を選び、そしてその政治家達が世界中で起こる様々な問題に対して非常に安易な政策決定を行っていく。

政治は民度に比例すると言われるけど、

まさしく。。。

ってか、どう考えても危険でしょ?

まして次の大統領選に向けて俄に盛り上がりを見せ始めてきた今日この頃、

最初はシャレのキツいただの泡沫候補だと思われていたトランプが未だに共和党の第一候補の座を守ってるって

結局思考停止に陥ってる人間ってのはわかり易い二極論を提示された時にそれ以外の選択肢があるなんてこれっぽっちも考えないんだよね

どっちが正義でどっちが悪だなんて、世界はそんなに単純じゃないってのにね

ただし!

アメリカを侮っちゃいけないのは、賛成の声が大きければ大きいほどそれと同じかそれ以上の反対の声が上がってくること!

これは多数決で強い方に乗っかってただ自分の身を守ることに長けた日本人には絶対に真似の出来ないこと。


おそらくこれから大統領選が進むにつれてアメリカの良い部分や悪い部分が色々出てくると思うけど、

僕ら日本人もそれらをちゃんとチェックしながらしっかり考えて、世界に関する自分の意見を確立していかないとね!


じゃないと誤ったイラク戦争(昨今問題となっているイスラム国を生み出した大きな要因の一つ)を無条件で支持しちゃうような政治家をまた日本で生み出すことになりかねないから。

ってなことを書き連ねてると、僕の場合結局行き着く先はここになるんだよな。

">




完全無欠、一点の曇りもない綺麗事100%(笑)。

もちろん現実はそうも言ってらんないという状況の方が圧倒的に多いんだけど、

あくまでも一番素晴らしい理想に向かうことを前提にして現実に対処していかないと、

ただ次から次へと襲いかかってくる現実に右往左往してるだけじゃ、それこそ目の前のことしか見えなくてモノを考えなくなるから。

ん???

これ、読書感想文???

明らかにただの愚痴だよね(笑)?

まぁ、今年はそんだけ世の中にムカついてたってことかな???

あ~あ~あ…。

まぁ、、、

来年こそはどうかもう少し穏やかな気持ちで読書を楽しめますように。












|

« 2015年ライブコンプリート! | トップページ | 今年の漢字 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015年ライブコンプリート! | トップページ | 今年の漢字 »