« 2015年下半期ランニング! | トップページ | 1/19(火) »

2016年1月11日 (月)

RIP for Starman!

先日のナタリーコールの訃報に続いて本日もショッキングなニュースが…。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160111-00000130-spnannex-ent 

この人は僕が20歳そこそこの頃すごく大好きだった人で、音楽は上手い下手じゃなくて何をどう伝えるのか=センスの重要性を教えてくれた人でもありました。

こうやって素晴らしいミュージシャンが次々と亡くなっていく中で、若いミュージシャンに頑張ってもらわなきゃと思っているところ、こんなニュースも。

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/5756 

おっ!頑張ってんな~(笑)。

そういや昔シマケンとひ~ちゃんと『げす』というアコースティックユニットをやってた僕…。(まぁ、こっちはGuess Whoのげすなんだけど…)

げすの木原乙女座。。。

マジか???

いや~、最早何が何だか(笑)。

とにかくね。

もう本当色んな情報が氾濫し過ぎてカオスです。。。

誰でも簡単に情報を発信出来るということは本来素晴らしいことなんだけど、

逆を言えばそれがきちっと精査、淘汰されることもないということなんで、現状がこの有様なのも仕方ないんでしょうね。

でも、そういう時こそ本物に触れて感じて考えることが大事なのに、肝心の本物達がどんどん亡くなっていくというのは、個人的な悲しいという感情を抜きにしても、本気で危ういとしか思えません。。。

科学が進歩して機械が進化すればするほどミスのないそちらが是となり、ミスの多い人間の各個人の判断は価値が失われていく。

このままいくと本当にそのウチ機械が何の感情も交えずに音楽を生産する時代が来るかもしれませんね。

例えば過去のあの名曲とこの名曲で、リズムを何%、コード感を何%、歌詞を何%の割合でMIXして、そこにフィリーっぽさを何%、日本っぽさを何%、ブラジルっぽさを何%の割合でプラスしてENTER、でもって次はその割合をちょっと変えてまたENTERみたいな。

もう本当全て計算し尽くされて、瞬時に次々と色んな音楽が大量生産されていく。

下手したらそんな時代が僕が生きてる間にも来てしまいそうな勢いですね。

そうすると、そういう音楽しか聴いた事がない人が増えてきて、人間らしい間だったり味だったりというようなモノが理解されず単なる間違いだと思われるようになって、

どれだけ正確に速く弾けるか競争のような『人間の機械化』に今よりもっともっと益々拍車が掛かっていくんでしょうな。

違うんです!

人間は間違えるから面白いんです!

正解なんかないから音楽は尊いんです!

不倫は文化なんです!!!

ん…???

とにかく!!!

昨今やけに続く訃報のニュースを受けて、僕は一生デビット・ボウイやアラン・トゥーサンやナタリー・コールや石田純一の側に立ち続けることを誓った今日。

RIP for Starman!

|

« 2015年下半期ランニング! | トップページ | 1/19(火) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015年下半期ランニング! | トップページ | 1/19(火) »