2008年7月 7日 (月)

今朝目が覚めると私は鉄製の棚を蹴っていました。

痛い…。

内容は覚えていませんが、

何か変な夢を見ていたようです。

サッカーか喧嘩かわかりませんが、

とにかくスライディングキックをしなければいけなかったんです。

とにかくスライディングキックをしなければいけなかったんです。

このように!

二度書くほどそこだけははっきり覚えています。

厳密に言うと夢と現の狭間で私の意識がはっきりしたのはまさにスライディングをしている最中でした。

ので気が付いた時にスライディングを止めるのは不可能でした。


幸い布団と鉄の棚の距離はいかほどもなく大けがには至りませんでしたが、

傷ついた足の甲以上に朝からおかしな事をやってる自分の様に心が傷つきました。

しかもそのスライディングの遅さといったら・・・

昔サッカー中の僕のディフェンスは竹本君に「まるで獲物を捕らえにいく感じだよね。」

っと評されたこともあったのに…。

もうすぐ32歳か…。

年とったな・・・

果たして僕はこのままでいいのだろうか…?

| | コメント (0)

2007年4月30日 (月)

夢…

今日パインズwithおみの夢を見ました。等君とパインズを結成してから2年近く経つけど、夢に出てくるのは覚えてる限りでは初めてでした。そして記念すべき初夢は「Bluesにむかひて…」の名に負けず劣らずかなり情けない内容でした…。しかもなぜか若干サスペンス仕立て!?

僕達3人はとあるフェスに参加することになりました。すごく広いグラウンドみたいなところに何ヶ所かステージがあって、僕らはメインステージから一番遠く離れた一番しょぼいステージに登場しました。夢の中では何故か人気があって(笑)、一番奥のステージにも関わらず僕らのライブ時間に合わせてお客さんがメインステージから大勢移動してきてくれてました。ところが!何故か僕のギターの調子が悪くてチューニングを合わせても合わせても音が合わずなかなかライブが始められません。そうこうするウチにお客さんがどんどん他のステージに戻り始めてしまいます。焦った僕は強引にライブを始めるんですが、今度は打ち合わせをしたはずなのに等君とおみちゃんと違う曲を始めてしまいます。すぐに演奏が止まってしまい、必死で笑いでごまかそうとしつつまたチューニングをするけどやっぱりなかなか音が合わず…。結局たくさんいたお客さんは一曲も聴くことなく皆いなくなってしまいました…。そしてここからがすごい!ステージ横の楽屋代わりのテントのようなところで気落ちしている僕らのところに何故か一台のパトカー(しかも覆面)が!「パインズの木原さんですか?実は我々は最近あなたがひっかかったネット詐欺の犯行グループをずっと追い掛けていたんですよ。囮としてあなたをしばらく泳がせてずっとマークしていました!」って…。さすがに夢です。ネット詐欺に引っかかった?一般市民に無断で囮捜査をさせる?つーかネットなのに僕自身をマーク?しかもライブを始められなかったことと全く関係ないし…。結局その捜査員二人がウチに来てパソコンを調べてるところで起きたんだけど(犯行グループは捕まらないまま…)、そういえば部屋もパソコンも完全にウチのではなかったですね(笑)。暑さのせいもあってか起きたら汗びっしょり!本当最悪でした。
それにしても夢ってヤツは何でいつもあんなに微妙なんですかね?中学や高校のクラスメートとかでギリギリ覚えてるか覚えてないかくらいのヤツとかが何故か出てきたりしません?しかもやっぱり夢の中でも大して仲良くなかったり(笑)。全くのフィクションならまだ笑えるかもしれませんが、微妙にリアリティーがあるときついですよね?次回のパインズのライブ大丈夫かな?正夢にならないようにがんばろ…

| | コメント (2)